検証・UFOの速度《01.07.25》

UFOが写真に捉えられることは極めて稀です。
それは、忽然と現れ、一瞬に視界から消えてしまうためかも知れません・・


では、一体UFOはどのくらいの速度で移動しているのでしょうか?
某TV番組の映像にUFOの移動速度を知る鍵がありました。
それは、ヘリに急速接近するUFOの映像でした。

《場所の特定》

fsx1.jpg

場所はニューヨーク州とされています。

UFOは左のビルから一部を覗かせています。
まず、このUFOのサイズを求める必要があります。
それには、ビルを特定し大きさを知る必要があります。

ヘリの高度を視野内のビルから見て、
250m〜300mと仮定します。
すると、このビルはそれよりかなり高いことになります。




fswtc110-415-63x63.jpg

ニューヨークで300mを超えるビルは、3棟です。

有名なエンパイアステートビル、クライスラービル、
そしてワールドトレードセンターです。

エンパイアステートビルとクライスラービルは、
クリスマスケーキ型の作りなのと、壁面の見え方が、
違うことで除外されます。

すると、必然的にワールドトレードセンターに、
特定されることになります。














fswtcd.gif

ワールドトレードセンターは、
110階建て、地上415mで、63m四方の床面を持ちます。

2棟はマンハッタン島の長辺方向には隙間が無く、
短編方向には約30mの間隔を空けて建てられています。

この映像は短辺方向に向かって、対岸の低層ビルを
望むものだと思われます。






《シーン1》

fs0.jpg

ビルの背面から、本体の半分を覗かせて滞空するUFO。

ビルの1辺、63mが110Pixelであることから、
この物体のサイズ16Pixelは9mと特定できます。
(見えていない部分を含めると18mです)








fsx2.jpg

そして、白い影を残して移動します。

画像は1/30秒間隔です。
よく見るとUFOは徐々に加速するのではなく一気に、
一定の速度に達しているのがわかります。

1/30秒で本体(18m)と同じ距離を移動しているので、
秒速はその30倍で540m/s!(時速1944Km!!)

一瞬にこの速度に達するものは地球上では、
高性能ライフルの弾丸ぐらいでしょうか・・



《シーン2》

fsx3.jpg

ここでは、シーン1で移動したUFOがホバリング状態から
8フレーム間(0.24秒)でヘリに急接近します。

不思議なのはホバリング状態からCに至るまで、
画面には姿が捉えられていないことです。
つまり3フレーム間(黄色部分)は消えてしまうのです!

これは、シャッターを切った瞬間に極高速移動し、
次のシャッター間に速度を緩衝するような動きをしている
ためかも知れません。


fs5.jpg

ホバリング状態から消える直前の映像。

サイズは9Pixelです。










fs6.jpg

4フレーム目にこの位置に姿を現します。

ホバリングの位置から、52Pixel移動しています。

これは、斜め前方に移動していると思われるので、
移動距離の特定はむずかしいのですが、
単純に52Pixel(本体の5.8倍)を4フレームで移動したと
すれば、最低でも780m/sは出ていることになります。




fs7.jpg

次のフレームでは、サイズが14Pixelから54Pixelに
急激に大きくなります。

この増加分を距離に換算して割り出すと、
速度は2083m/sに加速しています。








fs8.jpg

次のフレームではヘリの直前まで接近します。

前フレームとのサイズ比(54Pixelから320Pixel)から、
速度は3200m/s(時速11520Km)に達しています。

こんな速度が出せるのは隕石の衝撃実験に使う、
超高速銃しかありません。

時速2400Kmのコンコルドは大気圧が100分の一の
3万5千mの高空でさえ、空気摩擦で機体温度が、
70℃に達します。
1気圧の地上でその5倍の速度を出せば500倍の
空気摩擦で火の玉と化してしまうはずです。

fs9.jpg

次のフレームではヘリとの衝突を避けるように、
方向を変える様子がわかります。

この間は、ほぼ本体サイズ分しか移動していません。
方向を変えるために減速しているようです。








fs91.jpg

次のフレームではヘリの横をかすめていきます。

やはり移動速度はほぼ本体サイズ分です。

ここで、驚かされるのは、ヘリが全く衝撃波の影響を
受けないことです。
通常の移動方法であれば、空中分解するほどの
衝撃を受けるはずですし、トリック映像であれば、
やはり、衝撃を演出すると思われます。
寺田晴夫氏のご指摘による)




《シーン3》

fs92.jpg

ここでは、シーン2でヘリに接近したUFOが方向を変え、
空の彼方へ消えて行きます。

この映像は接近の10フレーム後です。
本体は7Pixelにまで小さくなっています。

面積を持つ本体、水蒸気の尾が印象的です。
サイズだけでは速度の特定は難しいのですが、
0.3秒で約500mほど離れたとすれば1500m/sになります。




fs93.jpg

その13フレーム後、本体は1Pixelにまで縮小しています。
加速していることは明らかです。

この時点で距離が7倍の3500mまで上昇したとすると・・
なんと速度は実に7000m/sにも達します。

秒速7Km・・宇宙速度です。
しかも、燃え尽きずに、水蒸気の尾を引きながら・・






《考察》

1・加速度
 この映像のUFOは実に凄まじい加速・減速を行っています。
 シーン1では、一瞬にして540m/sに達します。その加速時間は映像では捉えられないほどで、
 G(加速度)を求めることすら出来ません。

 言えることは、既存の動力で仮にこれを実現できたとしたら、数万トンプレス並の圧力で、
 一瞬にすべてが押しつぶされてしまうと言うことです。
 これを実現し、なおかつ「人」が乗船しようとするならば加速度をフリーにする 「重力制御」が必要でしょう・・

2・空気抵抗
 もうひとつ、どうしてもフリーにしなくてはならないのが空気抵抗です。
 UFOは火の玉になってもよい速度を出しながら、水蒸気(と思われる)現象を見せているだけです。
 これは、UFO周辺の空気がUFOと一緒に移動しながら、大気との間で滑らかな「気体交換」が、
 行われているためかも知れません。
 音も無く、そして衝撃も無く・・



source:
http://www2.justnet.ne.jp/~kiti/


Notice: TGS HiddenMysteries and/or the donor of this material may or may not agree with all the data or conclusions of this data. It is presented here 'as is' for your benefit and research. Material for these pages are sent from around the world. If by chance there is a copyrighted article posted which the author does not want read, email the webmaster and it will be removed. If proper credit for authorship is not noted please email the webmaster for corrections to be posted.



Back to Asia News Menu
Back to News Archive Menu
About this Site, Our Parameters and